マンションの最上階

マンションの最上階での暮らし

マンション最上階の防犯

マンションの最上階は、開放感があり、景色が楽しめ日当たりも良いので人気があります。しかし、防犯上は危険が高いのも事実です。それは、屋上からロープなどを使ってベランダに降りて侵入することが出来るからです。屋上には非常階段から上がれることが多いので、他の階よりも防犯には気を付けなければなりません。例えば外から見えないように夜のカーテンはきちんと閉める、玄関以外も窓などにも防犯会社のセキュリティをつける、ベランダに柵などをつける、窓に防犯フイルムをつけるなどがあります。マンションの最上階での暮らしを守るためにも、しっかりとした防犯意識を持つことが大切です。

マンション最上階の防犯対策

最上階マンションは、セキュリティ性も高いというイメージがありますが、実際には3階以上であれば、さほど変わりません。1階の場合、庭から窓ガラスを割って入られるという危険があります。その点で、3階以上のマンションではそのリスクが下がります。しかし、泥棒の侵入方法として意外と多いのが、堂々とドアから入ってくるというものです。セキュリティが充実しているからと安心してドアをかけ忘れていたりすると、危険です。また、建物の構造によってはベランダから侵入できることもあります。窓にもしっかりとカギをかけておきましょう。

↑PAGE TOP